春の珍味

今年の、鯛の子の塩辛がようやく出来上がりました、鯛の白子と真子を塩漬けにして、純米酒を使い塩気を抜き、昆布〆にして程よく馴染ませて、真子は、包丁の切っ先で優しくシゴいて中身だけにして箸で日に数回掻き混ぜ、調和が取れたら出来上がり、白子は程よい大きさに切り、共に盛ります。